ホーム>職人ブログ>2017年2月

2017年2月

外壁塗装の目的

こんにちは、豊肥塗装の佐藤です。

 

今回はなぜ外壁塗装をするのかをお伝えしたいと思います。

まずは、結論から。

 

1、塗装することで建物を防水し、寿命を延ばす

2、外観の美しさを保つため

 

新築で家を建てて10年程経過すると外壁が痛み出し、「色が剥げてきたなぁ」

「外壁の目地が割れてきたなぁ」といった箇所が気になってきます。

・外壁塗装しても、見た目が綺麗になるだけじゃないの?

・別に住めないわけじゃないし、雨漏りしているわけでもないしこのままでいいんじゃないの?

そんな風に皆さんは考えるとおもいます。

外壁塗装とは、もちろん美観をきれいにする目的もありますが、

本来は建物を防水して寿命を延ばすことが目的なのをご存知でしょうか?

建物に水が浸入すると断熱材が湿気を含みカビが発生します。

また湿気を含んだ木部はシロアリが好みます。

外壁塗装をすることで、このような2次被害を防ぎます。

我が家はまだまだ大丈夫!と思われた方!

外壁塗装に早すぎるということはありません!

新築時の塗装は、フッ素や断熱塗料のような高耐久塗料は使用されていないのが現状です。

外壁が劣化してから塗装するのでは、すでに手遅れです。

外壁がしっかりしている状態で塗装すれば高耐久塗料など本来の性能が発揮できるのですが、

痛んだ外壁には密着性も下がってしまい、仕上がりも良くありません。

 

少しでも気になることがあれば、まずはご相談ください。

する必要もないのにした方がいいなんてことは絶対にいいません!

 

(有)豊肥塗装

  • 大分の屋根・外壁塗装はプロにお任せ下さい! フリーダイヤル:0120-442-500
  • 24時間受付(無料) お問い合わせ・お見積もり